医療関連情報について

高血圧や糖尿病にならないように気をつけよう

見たいところがゆがんで見えたり、中心部が暗いなどの症状で疑われる病気は、第一に加齢黄斑変性です。
ほかにも、中心性網膜炎や黄斑上膜などの可能性もあります。
これらは目の病気ですが、全身疾患が黄斑に病気をつくることもあるので注意しましょう。
代表的な原因として挙げられるのは、糖尿病や高血圧による動脈硬化です。
また、糖尿病の合併症としては、糖尿病網膜症も知られています。
高血圧で動脈硬化が進むと、血栓や塞栓が起こることは有名です。
それが、網膜静脈閉塞症の引き金になると言うことはほとんど知られていません。
高血圧も糖尿病も自覚症状がないので、気づいたときには手遅れになっていることもあります。
糖尿病はとくに、発症すると治療がかなり長引くので、予防することが大切です。
定期的に人間ドックを受けることが重要になりますが、わざわざうけに行く人は多くありません。
しかし、命を守るためには欠かすことができない検査になります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.